気になる抜け毛を徹底解消!

抜け毛が気になり始めたら早めの対策を行おう!

シャンプーした後に抜け毛が増えたり、ドライヤーで乾かし終えたら抜け毛が洗面所にたくさん落ちていませんか?

 

抜け毛が増えているのをそのままにしていると薄毛になってしまう恐れがあります。抜け毛が気になり始めたらできるだけ早く対策に取り組みましょう!

 

抜け毛が増える原因は男性ホルモンにあった

 

そもそも抜け毛が増えてしまう原因をご存知ですか?

 

髪の毛には、ヘアサイクルと呼ばれる周期があります。髪の毛は生えてから抜け落ちるまでに数年かかるのですが、抜けたらまた新しい髪が生えてきて同じようにサイクルを繰り返しています。そのため、人間は毎日100本前後の髪が抜けるのですが、また新しい髪が生えてくるため問題なくフサフサのままなのです。

 

しかし、ヘアサイクルが乱れてしまって細い毛が増えたり短い毛が増えてしまいます。こうなってくると、髪の毛全体のボリュームが減ってしまい薄毛になってしまうのです。

 

このヘアサイクルが乱れてしまう原因が、男性ホルモンのジヒドロテストステロンと呼ばれるホルモンにあります。ジヒドロテストステロンが生成されていしまうと毛根部に影響を与えてヘアサイクルが乱れてしまうのです。

 

そのため、抜け毛対策を行うためには、男性ホルモンのジヒドロテストステロンの生成をしっかりと抑えることが重要になってきます。これこそが抜け毛対策の一番重要なポイントです。

 

ジヒドロテストステロンを生成されないように対策を行う

 

抜け毛の原因となっているジヒドロテストステロンですが、もともと体内にあるわけではありません。実は、男性ホルモンのテストステロンと還元酵素5αリダクターゼが結合して生成されるホルモンなのです。

 

そのため、ジヒドロテストステロンが生成されないように前の段階である還元酵素5αリダクターゼの生成をブロックすることが重要となっています。

 

還元酵素5αリダクターゼをブロックするために多くの方が利用しているのが育毛剤です。最近の育毛剤には、「ヒオウギエキス」「オウゴンエキス」などの5αリダクターゼに働きかける成分が含まれている商品が増えています。このような育毛剤を使うことでしっかりと対策をおこなうことができるというわけです。

 

しかし、これらの成分が配合されていない育毛剤も少なくありません。

 

たとえば、ミノキシジル配合の育毛剤として有名なリアップがあります。リアップは、ミノキシジルが配合されているため医薬品に分類され発毛効果があります。

 

しかし、抜け毛の原因ジヒドロテストステロンの生成を抑制する成分はふくまれていません。そのため、生え際のM字後退にはあまり使えないなどのうわさがでています。

 

現実には、毛母細胞を活性化させて発毛効果があるため、頭頂部の薄毛もM字はげにも使えます。しかし、生え際はよりジヒドロテストステロンの影響を受けやすいため、発毛を促進するだけでは追いつかずに抜け毛が減らないということになります。

 

ミノキシジルが発毛効果のある医薬品なのに対して、抜け毛を防ぐ医薬品がプロペシアです。プロペシアには、フィナステリドと呼ばれる有効成分が配合されておりこの成分が還元酵素5αリダクターゼの生成をブロックして抜け毛を防ぎます。

 

そのため、本格的に薄毛治療を行う場合、ミノキシジルとプロペシアを併用することが必要となります。

 

最近では、AGA専門クリニックとして都内などでいろいろな病院が増えてきています。そういった病院での治療の場合、基本的にミノキシジルとプロペシアを処方されて使うことになります。

 

ただし、ミノキシジルもプロペシアも薬なので副作用の恐れもあります。そういったことが心配な方が、抜け毛予防の効果のある育毛剤を使っているということです。

 

シャンプーを見直す方も増えています

 

育毛剤や医薬品を使った対策で薄毛対策に取り組まれる方が多いですが、それと同時にシャンプーも見直しをされる方がふえています。シャンプー自体に発毛効果はないものの、頭皮環境を整えて髪の毛が育ちやすい環境づくりをするという大切な働きがあります。

 

そこで最近注目されているのがアミノ酸シャンプーです。市販されている安いシャンプーでは、頭皮への刺激がとても強く頭皮トラブルの原因になると考えられています。・

 

しかし、アミノ酸シャンプーなら頭皮への刺激がとても低いことから安心して使い続けられると好評なのです。そのため、抜け毛や薄毛が気になる方の多くが、シャンプーと育毛剤を併用して対策に取り組まれています。

 

また、最近よく話題になっているのがノンシリコンシャンプーですね。ノンシリコンシャンプーとはその名の通りで、シリコンが配合されていないシャンプーです。
シリコンは、本来は髪のキューティクルを保護して、外的刺激から守ってくれるとても大事な働きをしていました。
しかし、一部のメーカーは、髪の毛につやを出すためにシリコンを大量に入れてしまったりしたことで、頭皮への刺激が心配されていたんですね。

 

そのため、最近ではシリコンが入っていないノンシリコンシャンプーが注目されるようになってきました。
ノンシリコンシャンプーの種類はとても多くて、ノンシリコンシャンプーランキングなどを見ても20商品以上あるので選ぶのが大変ですね。

 

ですが、確認すべきポイントは意外と少ないので、ぜひ参考にしておきたいですね。

 

女性の薄毛・抜け毛は原因がまるで違う

 

ジヒドロテストステロンが抜け毛・薄毛に大きく関係している男性に対して、実は女性の抜け毛・薄毛は全然違います。

 

女性の場合、男性ホルモンではなく、女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が減少してしまうことで薄毛になってしまうのです。
エストロゲンは、髪の毛を成長させるために欠かせないホルモンで、30代をピークに減少していってしまうといわれています。
そのため、女性も年齢とともに髪の毛が細くなったり、薄くなっていくのです。

 

その他にも、ストレスや間違った頭皮ケアを行った結果、抜け毛が増えて薄毛になってしまう方も少なくありません。
特に最近多いのが、高級アルコール系と呼ばれている頭皮への刺激が強すぎる成分が配合されたシャンプーを使い続けることで頭皮環境が悪化して抜け毛になるケースです。

 

高級アルコール系のシャンプーは、必要以上に皮脂を洗い流してしまい頭皮の乾燥の原因となります。
頭皮が乾燥することで血の巡りが悪くなり抜け毛に繋がってしまうのです。

 

市販されているシャンプーには、洗浄力が強く頭皮への刺激が強い成分が入っているので要注意! 「最近、抜け毛が増えてきた…」と不安に思っているあなた!まずは、シャンプーを見直してみましょう。
出典:抜け毛シャンプー女性用おすすめランキング【人気5商品を徹底比較】

 

女性の場合、ジヒドロテストステロンを抑制するのではなく、まずはシャンプーを頭皮にやさしいものに変えるなどしてケアすることが大切です。

 

抜け毛の原因と対策まとめ

 

男性の抜け毛の原因と対策について詳しくお伝えしてきました。

 

一昔前では、ブラシで頭をトントンしたりする間違った薄毛対策が主流でした。しかし、育毛分野の研究が進化するにつれて抜け毛の原因なども少しずつ解明されるようになってきました。

 

そのおかげで、シャンプーや育毛剤の成分もかなり見直され向上されています。抜け毛が気になり始めたら、まずは原因をしっかりと理解して正しい方法で対策をおこなうことが重要です。